11/1 VAMPS VAMPS LIVE 2014-2015 at ZEPP FUKUOKA
  
SE. RINCARNATION
6:66になってからスタート。
ステージ緞帳が開くと薄い幕がかかっていて映像が映し出されます。
宇宙にいるようなきらきらとした星のようなものがたくさん写り、
夜の草原のような映像に切り替わります。
しばらくすると、空にはオーロラが出てきて、虹色に輝きだします。

01. ZERO
そのままZEROへ。
幕は下におちて、ステージ左右にあるミラーボールがまわって、
会場中は白い光で満たされます。
hydeちゃんはギターとマイクスタンド。
すごく幻想的な雰囲気でした。
ZERO is where it all begins♪
ZERO is where it all ends up♪
で高まって思わず泣きそうになりました。
死の女神とS●Xしている曲と言う事で、
死に大して怖いとか、終わりとかそういうイメージもありつつ
快楽とか高揚とか幸福な気持ちも感じることが出来る。
でも、ただのHAPPYな曲でない理由としては、
RINCARNATIONから続いている事や、このアルバムの1曲目にZEROがあることだと思う。
美しくて幻想的なんだけど、触ると冷たいそんな曲。


02. DEVIL SIDE
雰囲気は一変してデビサイ。
Right or wrong who decided?
でアレンジして歌ってたけどtalktalktalkは普通でしたw
見ていた場所も良くて、さびで気持ちよく踊れたのが嬉しかった!
これぞ、VAMPSというのを見せ付けられた感じ。


03. MADE IN HEAVEN
馴染みのあるイントロが聴こえてきてテンションが一気に上がった!
このアルバムにはFAITHが似合う!!
Best of 3曲目だと思っているw
良く覚えているのは、FAITHの横浜アリーナ。
音が遅れて聴こえてくるし、みんなジャンプしててゆれるし、
何よりもはいどちゃん歌へたくそだったしwwwっていう印象なんだけど、
福岡初日、バシッと声が出ていて煽って飛んでも声がぶれない!さすが!


04. REPLAY
REPLAYはまだあんまりLIVEで聴いたこと無かったんだけど、
イントロのシンセ?の音すっごいすっごいかっこいい!!!!
さぁ、再開しよう!これがVAMPSだ!って言ってるみたい。
はいどちゃんの目が白く光って浮かび上がり、
センターで両手を広げた姿は何かにとりつかれたかのよう。
ここまでの曲で、一番高い声を出さなきゃいけない曲だと思うんだけど
この曲もばっちりでしたわ。


05. GET AWAY
REPLAY→GET AWAYの流れが最高すぎて鳥肌もの。
GET AWAYもあんまり聴いたことがなかったんだけど、超好き!
これはBassソロもかっこいいし、その後のかずくんのギターも最高にかっこいい涙
楽器隊ばかり見ていた記憶。
はいどちゃんはハンドマイクで歌ってて上手下手にもご挨拶に。
エモい曲大好きです。終わってからジュリちゃんが泣いててびっくりしたけどw
わかるよ、わかるwww


06. SECRET IN MY HEART
わぁぁぁもうなんでみゆさんいないの!!!!!!
ってのが正直な第一印象ですw
VAMPSの曲の中でもインスパイアFAITHだと思うんだけども、
ほんとにここまでの流れが完璧すぎてパニックだった。
はいどやったな!という感じでwこんなツアーの一発目から完璧なステージを
見せられたら、そりゃ期待値はぐんぐんあがりますよ。。。
REPLAYで何かに憑依されて、細胞深くまで蝕んでいく。
ヴァンパイアになってしまって、愛した人と一緒になれないなら死んでもいい。
最後の叫ぶ声が、あまりに悲しくて、力強くて、涙が出るというよりは
ただ、呆然としてしまうような迫力だったのです。


07. EVIL
ここまでで完全に私の頭の中にはストーリーが出来上がっていて、
EVILはもうヴァンパイアになってしまって、怒りとかの強い気持ちをぶつけられてる
そんな気分だったのを覚えている。
シャンデリアのようなステージセットのミニverみたいなのが、
5つ下に下りてきて、各メンバーの頭の上にセットされてる感じ。
この時点でDOLLYみたいだなぁって感じたんだよね。
うまく伝えられないけど、実験みたいなイメージ?w


08. DOLLY
https://dailymusic.auone.jp/weekly_interview/67876
後からこのインタビュー読んであぁ、なるほどね。となっている。
DOLLY的な雰囲気は彼らも認識していることだったようで。
ここまでの流れは、FAITHツアーの2014年verという感じがしたの。
なんて完璧!

09. VAMPIRE'S LOVE
マイクスタンドにバラを一輪持って、日本語で。
ただ、すばらしかった。日本語で歌うとやはり歌唱力の凄さを感じる。
どんどん上手になっていくなぁとここ近年感じておりますが、
日本語の発声は慣れているからかやはり圧巻でした。


10. INSIDE MYSELF
一番心配していたVAMPIRE'S LOVEの次の曲。
大好きなINSIDE MYSELFでもう涙とまらなくて大変だったw
ヴァンパイアとはちょっと違って、
もう一人のhydeの声に導かれていってしまった感じがした。
オケが入ってて壮大で、すこし寂しくて、鬱々してる。JESUS CHRIST大好きだけど、
THE HYDE読んでから聴くのしんどくなった時あって。
それと似てる感じする。
ロスのホテルでhydeが感じた気持ち、あれ以降も感じることあるのかな?って。
なんかとっても心配になってしまうステージだった。
で、このあとゆっる~いMCだったわけですけどw
あぁぁぁはいど生きてたよかったって思ってMC中も泣いておりましたw

ここまでで、満足してしまったので感想もここまでw
この後はいつものVAMPSで盛り上がりましたよ!!

11. BLOODSUCKERS
12. AHEAD
13. TROUBLE
14. THE JOLLY ROGER
15. SEX BLOOD ROCK N' ROLL


BLOODSUCKERSもがかなりかっこよくて、もうHUNTING聴きたくないよ!
ってなったりw
ジョリロジャは、福岡初日の時も旗のマイクスタンド持ってたっけ??
後のスクリーン?に旗がなびいてるのは覚えてる。

~EN~
16. LOVE ADDICT
17. HALLOWEEN PARTY
18. ANGEL TRIP
19. MIDNIGHT CELEBRATION


ENは突然のハロウィンパーティで一気にまたハロウィンモードになってしまったw
通常verを普通にVAMPSで演るってめずらしいことなので、聴けて嬉しかったぁぁぁ!
バラの花びらをもぎって客になげてましたよw
センターにたって、大きく左右に体を揺らす姿は完全にリンカネちゃんw
ミッセレ終わりがほんっとに楽しくて、あぁぁぁFAITHツアーが戻ってきた!!!!
と思ったわけです。期待があがりすぎて大興奮の福岡初日でしたw
   
スポンサーサイト


プロフィール

kei

Author:kei
とりあえずhyde

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索